0166-39-6677
eトレクラブ学育会は、与えられたものを学習するのではなく自分で何をしたいのか、すべきなのか、将来を念頭に指導している学習塾です。その結果、創立以来公立高校合格率100%(2018年3月現在)を維持しています

保護者様からの声 2015~2017

eトレクラブ学育会の感想等をお聞かせくださいとお願いしたところ毎年、感想を書いてくださっています。

 

2017年 

娘へ

 

合格おめでとう御座います。4年間色々ありました、頑張れなければ辞めさせる、辞めない。何度、話し合いをしたことか・・・

 

先生にも色々協力して頂いて辞めずに4年間通う事ができ、無事高校に合格。ここまで頑張った我が子にお疲れ様。これからもeトレで学んだ事を生かして下さい。  母より

 

 

 

 

 

息子がeトレで学習を始めたのは中3の春でしたが、入塾後も思うように成績も上がらず
志望校の合格もとても厳しい状況が入試直前まで続きました。
そんな中、親が安心できたのは家ではほとんど勉強しない息子が、eトレでは真面目に集中して学習していたことです。
週3日が平均的な他の塾とは違い、二学期からは、怒涛のテストへの対策で、ほぼ 平日は毎日塾に行くことになったのが、家庭学習が定着してない我が子には大変、助かりました。
そして2月の週末の特訓。
息子もこの時期にきて、やっと焦りが出てきたように思います。

しかし、それでもなかなか成績は上がりません。
でも、先生の熱心な指導が息子の気持ちをフォローして、最後まで諦めない気持ちと、今までやってきた自分を信じる事を教えてくれたと改めていま実感しています。
息子はもちろんのこと、親も諦めずに受験に挑めたのは、我が子のように親身に指導してくださった岡澤先生のお陰と感謝しています。

 

 

 

 

 

娘が中15月から通い始めました。その前に通っていた塾が合わず、インターネットで調べた所eトレに出会い、岡澤先生とお話しをしていく中で『時間はかかっても娘には3年間やり遂げた自信をつけたい』という思いを伝えた所、先生は『長い目でみていきましょう』と言って下さり本当に救われた気持ちになりました。 

 

3年間の中では波があり反抗期でやる気がなくなり『辞めたい』と言う事もありましたが、岡澤先生、大場先生が親身になって厳しくも暖かな励ましをずっと送って下さり娘も乗り越える事が出来ました。

 

3年生になって、自分自身が行きたい高校がなかなか決まらず悩んで居た所、アドバイスを頂き進路も決まりました。娘は、進路が定まってからは目つきが変わり真剣に受験に取り組んで志望校合格を勝ち取りました。

 

娘はこの塾に出会い先生達に出会ったおかげで本当にたくましく成長しました。苦手だった国語が大好きになりました。これからもeトレの経験を活かして沢山の事に挑戦してほしいです。3年間お世話になりました。まだ5年生の息子もお世話になりますが宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

eトレ当初から姉弟で通わせて頂き、多分うちが一番古くからお世話になっているのではないかと思います。小学校の頃からのお付き合いになるので甘えもあり、学校帰りに家に誰もいなく、鍵もない・・・困った時にはすぐ信頼しているeトレの岡澤先生の所へと駆け込んでいたことを思い出します。

 

勉強はもちろんですが、性格やその時の精神面も見て下さり、その子に合った指導・アドバイスをしてくれました。それも岡澤先生が今まで沢山、色々な生徒さんを見てきてカウンセリングのお勉強もされているからで相談にも乗ってもらった事もありました。

 

また、年の近いeトレ卒業生の方に勉強をみてもらいとても解りやすく教えてもらったと嬉しそうに言っていました。卒業生の高校生活や勉強、将来などの話を聞いて自分でも色々と参考にしたり考える事もあったようです。卒業生や色々な学年が一緒に勉強しているのでお互いに切磋琢磨し、これからの自分の将来の参考に出来るところもeトレの良いところだと思います。

 

テスト前・受験前のテスト対策勉強もとても熱心にして頂きました。うちの子は推薦の公立高校受験でしたが、面接練習も何度も付き合ってもらいとてもお世話になりました。

 

時には厳しく、時には優しく接して下さり子供たちの成長を一緒に見てくれる温かい塾に出会えて本当に良かったです。

 

先生方、お世話になりありがとうございます。

 

 

 

 

 

勉強だけでなく精神面でもフォローして下さり、見捨てずに息子と向き合って頂き感謝しかありません。

 

本当にありがとうございました。

 

 

2016年

 

 

 

I様

 

うちの子は中学三年になる春休みから入りました。
試しに春休みから行ったのですが、eトレのプリントはすぐ気に入りました。そして、先生が

 

女性で、生徒の気持ちを尊重してくれる大らかさ、熱意を持っていましたので、塾に入りました。
 受験の時は、毎日不安になったり悩んだりしましたが、先生の情報提供やアドバイスにより真剣に自分で考え、自分で決めました。塾の友達とも楽しい話などして入試の不安に対して、気を紛らわせていました。
 先生や友達のおかげで、心配性の娘でしたがあまり緊張することなく、受験を終えることができました。
 最近では、高校受験がゴールではなくスタートだと気付き、頑張ることを心に誓ったところです。

 

A様

 

良かったところ

 

 

 

 

 

 

1.三年通い、公立高校に入学できた
2.
毎日の学習が身についた
3.
長い時間、机に向かって学習していた
4.
土日の『帰れません』で、受験に向かう姿勢が身についた
5.
兄妹3人、通っていることがお互いの刺激になり、本当に良かったと思う

 

 

 

 2015年

S様

うちの子は中学三年になる春休みから入りました。

 

試しに春休みから行ったのですが、eトレのプリントはすぐ気に入りました。

 

そして、先生が女性で、生徒の気持ちを尊重してくれる大らかさ、熱意を持っていましたので、塾に入りました。

 

受験の時は、毎日不安になったり悩んだりしましたが、先生の情報提供やアドバイスにより真剣に自分で考え、自分で決めました。塾の友達とも楽しい話などして入試の不安に対して、気を紛らわせていました。
 

先生や友達のおかげで、心配性の娘でしたがあまり緊張することなく、受験を終えることができました。
 

最近では、高校受験がゴールではなくスタートだと気付き、頑張ることを心に誓ったところです。

 

 

 


 

 

 

 A様

 

『 うちは兄弟でお世話になりました。

次男は中2の冬から通いました。

 次男は「ノー勉」が口癖でしたが、塾ではきちんと勉強していた様です。徐々に成績も上がり志望校1つ上げました。秋には更に1つ上げると言い始めました。

それはきっと先生が高校の先の大学、自分が行きたい大学を意識させてイメージさせてくださったお陰だと思います。
 長男は成績が上がった次男を見てeトレを信用し、中3の夏に入会しました。

秋に「高校で上位になり国立大学に入る」と言い、入試ではボーダーの100点上の点数を取りました。

 親の私は、塾を何処にしようか迷っている時の希望は、きちんと学校で先生の話を聞いて欲しいので、復習型の塾に通わせたいという事でした。

その点、eトレクラブは希望通りの塾でした。しかし個人塾では、高校入試の裁量問題の対策には大手より劣るのではないかと不安に感じて入会を躊躇しておりましたが、子供が塾を気に入り入会に至りました。心配していた裁量問題も全く問題なく志望校に無事合格出来ました。
 

ただ、やる気のない子は伸びないと思います。ですが、頑張ろうと思ったら誰でも成績の上がる塾だと思います。そして、やる気を出させてくれる塾でもあると思います。
 私は、子供達を思う気持ちが温かい先生に子供達が出会えた事は宝だと思います。そして、良い塾が近くにあって良かったなと思っております。
短い間でしたが有難うございました。』

 

ステキなコメントをありがとうございました。1年足らずのお付き合いでしたが本当に密度の濃い1年でした。

弟君は、二者面談の時、志望校は無理だと言われてからの挑戦。そして、見事合格!

お兄ちゃんの方も12月に入ってからグングン伸びてきたのでトップ合格を目標としていました。

本当にトップでの合格でした!

 

B様

 

『中学1年生の時にテストの得点や成績が伸び悩みの状態となり、家庭学習のみでは成績が上がらないとの判断から塾に入れる事を決まました。

当初入った塾は、一斉指導タイプだった為、考えていたほど成績向上に結び付きませんでした。

2年生に進級した際、息子の同級生が通っている「eトレ」を紹介して頂きました。

「eトレ」は、個別トレーニングシステムというもので、生徒個々に応じて学習を進めるタイプの塾であるとの説明を受け、これならば「うちの子でも大丈夫でないか」と即決で入会を決めました。

「eトレ」の学習により2~3年生の間で成績が向上し、無事、志望する高校に合格することが出来ました。

また、目標に向かって一緒に学ぶ友人にも巡り会い、貴重な経験も得る事が出来ました。

岡澤先生には、本当に感謝しています。大変ありがとうございました。

今後の関わりとして「eトレ」の良さを沢山の方に勧めていきたいと思います。』

 

2年生の入会から確実に伸ばし、2ランクUPして希望の高校に合格しました。

ずっと「将来の夢は?何がしたい?」と問いかけていました。

最後に将来の夢を語ってくれたことがとても嬉しかったです。