eトレクラブ学育会 

eトレクラブ学育会は、与えられて学習するのではなく自分で何をしたいのか将来を念頭に指導している学習塾です。
結果創立以来、国公立高校への進学率85%(合格率90%)を超えています。
(私立高校の進学は、スポーツ、学業など特別奨学生が90%以上)

© 2013-2022 eトレクラブ学育会 All rights reserved.
 0166-39-6677
お問い合わせ

お知らせ・ブログ

2022 / 11 / 29  10:44

eトレクラブ学育会って?

本当の学力って?

期末テストがそろそろ終わるころですね。

みなさん、結果はどうだったのでしょうか?

塾生も一喜一憂しています。

当塾の目指すところは、目先の学力より先に繋がる学力を身につけること。

とは言っても、やはり中学生は目の前の定期テスト、順位、内申点が重要ですね。

塾開設当初は、上記の事をあまり重視していなかったように思います。

今、考えるとずいぶん乱暴な指導?だったなと思います。

出来るところに戻って勉強する!

それも、指導者誘導ではなく、子ども達の意思でしていました。

それを可能にしたのが、難病を抱え今よりずっと悪い状態だったからと思います。

当時の様子を一期生の親御さんと話をすることがあります。

実は、現在も塾生第一号、一期生の親御さんがいます。

どちらも末っ子(3人兄弟、4人兄弟)を通わせてくださっています。

もちろん、全員塾の卒業生。

本当にありがたいです。

その親御さんから「先生、本当に元気になったね。若返ったよね」と、言われます。

そんな親御さんが、当時の様子を思い出し、「先生、今日、ゾンビになっていた」、「先生、寝ながら〇付けしていた」と子供が言っていたことを笑いながら今も話してくれます。

そんな状態でしたがこの10数年、塾は休んだことはほとんどありません。

本当に今考えると、良くやっていたなと思います。

そんな状態で、なぜ塾が続いたか…

私自身、不思議に思うことがあります。

考えられることは、子ども達の居場所だったからかもしれない。

自分たちの大切な場所を自分たちで守る…自立が育ったのだと思います。

 

「自分たちで勉強するから、先生はeトレと教室を提供してくれればいい」

一期生(現在省庁に勤務)が言ってくれた言葉です。

一期生は、自分の事だけでなく下の子たちの面倒も見てくれました。

私は、そばで一緒に子供たちと勉強していただけです。

教えるのではなく、気付く指導を心がけていました。

だから自分にとって何が必要か気付き、自ら分かるところまで戻って学習していました。

言われて学習するのではない。自分が必要と思って学習する。

 

時代の流れで少しずつ変化していますが、根底にあるものは変わりません。

どこの高校に入ろうが、その子供次第と私は考えています。

卒業生自慢!それは、どの子も、自分が選んだ高校が一番と言い切ります。

不平不満は、ほとんど聞きません。

不平不満を言っても仕方がないし、そんなこと言っている暇がないようです(笑)

 

 

そんな風変りな塾の冬期講習受講してみませんか?

冬期講習のご案内は、下記をクリックしてください。

冬期講習のご案内 - eトレクラブ学育会 (etre-g.com)

残席4名!

早期申し込みキャンペーン

12月10日まで!

 

 

1
2023.02.07 Tuesday